| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

LUCIFERー空で1番輝く星ー


KAT-TUNの赤西仁くん語るの大好き!なあきえが運営中☆
とてつもなく不定期ですが熱く語ります!!ブログは携帯でも見られますのでお気軽にどうぞ♪
時々激しく毒舌ですがご了承ください(笑)あと、現在相方不在な為、随時お友達募集してます☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
お待たせしました☆歌笑収録レポ♪
あい、無事に‥でもありませんが、

英語のプレゼン終わりました‥。

はぁー‥私ホント英作能力ないなぁー‥。

読むならなんとかなっても、英作は真剣にヤバイ‥。

って、こんなことは置いといて、

長い間語るのを我慢してた、

歌笑番協詳細レポをしたいと思います。

私が番協に入ったのは、

昨日放送された、10月26日収録分の回で、

かなり前の話で申し訳ないんですが、

逆に放送されてる分、イメージが沸きやすいかなぁ??

とプラス思考に考えて、語っていきたいと思います。

私はずっと地方住みで、

「番協」って言葉はすごい遠いものに思えてたし、

実際どうなってんの??って思ってたわけですよ。

そんな地方ファン上がりの(ってまたすぐ戻るけど)響子から見た、

名づけて、「番協ってこんなんなんだよ!!!!歌笑編レポ」

をしたいと思います、はい。(←名づける必要梨(笑))


まず、番協が集合したのは夕方18時50分。

当選引き換え整理番号順に並んで待ってます。

で、そこからファミクラの人から確認を受けて、

入館証のシールを貰って中へー。

で、中に入ったと思ったら、階段に並ばされ、

ファミクラの人から、番協がいかに大切なのかを説明を受けました。

「所詮観覧と思ってるかもしれないけど、

スタジオの盛り上がりで、見てる人が楽しいと思うかどうかも変るし、

視聴率にも関わるんですよ。」とか、

「みんな東京近辺に住んでて、番組協力は慣れてるし、

これからいくらでも機会あると思ってるかもしれないけど、

地方の子は「後ろ姿でもいいから見たい」って思ってるんだから、

そこらへんはちゃんと理解してやってね。

ファンの子入れると盛り上がるから、これからいろんな場所で入れようって、

スタッフの人に思われたら、あなたたち自信のためにもなるんだよ。

それに、こういう場が長期休みのときにも設けられたら、地方の子だって来れるようになるから、

そのためにも一生懸命やってね。」

とか、「うちのタレントはおだてられると面白いこと言うし調子出るから、

どんどん声出して調子乗らせてね!!!!!KAT−TUNの子達はそうでもないかもしれないけど、

松潤はホントにお客さんのテンションに流されるから。

みんな楽しそうな表情で、手は上。「えー!!!!!」とか「嘘ーーーー!!!!!」とか、

ちゃんと反応してね。みんなそういうの得意でしょ??

みんなの頑張りによって、そのあとのおまけも変ってくるからねっ!!!!!」

とか、やたら番協に気合を入れさせられました。

これを言っていたのはすべて同じ人で、まぁ言っちゃうとオバちゃんだったんですが、

私は「もしや‥‥あの有名なメリーさん??」って思いながら見てました。

だって仁くんたちのことを「うちのタレント」とか「あの子たち」とか呼べるのって、

相当な人だと思うんですよねぇー‥。

でもこのときは眼鏡をかけてなくて、「メリーさんは眼鏡かけてるらしいし、違うか‥。」

っていう気持ちもあったんですが、収録中にふと見たら眼鏡(しかもキツめ(笑))をかけてて、

「やっぱりそうなんじゃ‥(笑)」という気持ちになりました(笑)

まぁ、実際のところはよく分からないんですが、

ハキハキしてて、面白くて、感じのイイ方でしたよー☆

で、10人ずつくらいトイレタイムを貰って、

(「収録中に行きたくなったら困るから!!!!過去に一人そそうがあったんだからね!!!!!!」と脅される(笑))

8時にスタジオへ移動。

スタジオに入った瞬間に思ったのは‥セット小さい‥。

KAT−TUNがいつも座ってる、

階段状のイスがある方から入ったんですが、

このイスにホントにあれだけの人数が座れるの??って感じがしました。

で、あのメインセットの前を歩いて、

KAT−TUNがいつも使ってるステージの前に行ったんですが、

これもホントに小さい。

テレビだとそこそこ大きく見えるのに、

ホントにこのスペースに6人で踊れるの??って感じ。

でもやっぱりいつも仁くんの背景にあるものだから、

すごく感動して、ステージ触って来たいなぁーとか、

触らなくてもイイから、

一歩踏み込みたいなぁーと思いながらボーっと見てたら、

階段を上がる指示が出て客席へ。

整理番号順に並んでるから、

そのまま「はい、そこ。はい、君そこ。」って感じで、

前から座らされてて、整理番号がかなり後ろのほうの私たちは嫌な予感‥‥。

そしたらやっぱり一番後ろに座らされて、「あーぁ‥。」って思ってたら、

もっと前の方に客全体を詰めたいらしく、

「あ、そこの二人前来て。」と言われ、2列目に昇格(笑)

で、その人と「もう一列前にしてくれたら嬉しいのに‥。」とソワソワしてたんですが、

その願いは叶わず‥。

はっきり言って、歌笑番協は、1列目じゃないと全然見えないんです。

皆さんご存知のように、客席は上で、仁くんたちは下‥。

ちょうどセットで死角になってて、全然見えません。

1列目の子は障害物があまりないので、

かがんで見下ろせば見えるらしいんですが、

2列目からはいきなり見えなくなります。

3列目の子なんて、収録の99%見れなかったって言ってました。

そんな番協のために、

反対側の壁にスクリーンが貼ってあって、

そこに撮ってるカメラの映像が写されて、

「これを見ながら反応してくださーい。」とか言われるんですが、

「これじゃテレビと一緒じゃん‥。」って声がちらほら‥。

私も本当にそう思いました。

で、そんな番協が席に不満を感じ始めた瞬間、

スタッフさんからの説明が始まりました。

まず、イイ音が出る拍手の仕方を教えられて、

拍手の練習。

そこから、「歓声の練習」というのもして、

仁くんたちはいないのに、

「ワー!!!!!」とか「キャー!!!!!」とか頑張る番協(笑)

なんかスタッフさんが盛り上げようとすごい頑張ってくれてて、

「もう、何でも叫んじゃってくれてイイからねっ!!!!!

「キャーーーーー!!!!」とか「赤西くーーーーーーん!!!!!」とか(笑)」

ってスタッフさんが言った瞬間、

ポンっと私の肩を叩く隣の人(笑)

(↑ちょっと仲良くなって、仁くんファンってこと言った(笑))

そこで一気に私のテンションも上がって、

しばらくしたら、

「KAT−TUNの皆さんでーす!!!!!」みたいなスタッフさんの掛け声(記憶あやふや)

と一緒に、

私達のいる方(KAT−TUNが歌うステージ側)とは反対方向からKAT−TUN登場。

こっちの番協からはまったく見えないのに、

反対側にいる番協には見えるらしく、

「キャーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」っていうすごい歓声が上がりました。

私は「ん??どこどこどこどこどこ??」ってめちゃめちゃテンパりましたが、

スタッフさんと笑顔で握手をしてる仁くんの横顔を見つけた瞬間、

息を飲みました。

仁くん‥‥‥美しい‥‥。

本当に、心の底からそう思いました。

真っ白な肌に、目がなくなっちゃうくらいふにゃふにゃ笑ってて、

その笑顔が、何にも例えようのないくらい、美しかったです。

しかもすごく大きくて、その距離の近さを実感‥。

こんなに大きい仁くん、本当に久しぶりに見ました。

で、各自席に着いて、

その他の出演者さんもどんどん出てきて、

「うわーー、いよいよだぁぁ!!!!」って感じでした。

でもそこでまた私は硬直。

ニコニコ出てきた松浦亜弥の、可愛いこと可愛いこと‥。

私はかつて、ここまで可愛い女の子を見たことがないっ!!!!!!!!!

本当に可愛くて、お人形さんが歩いてる感じがしました。

で、そこでふと、

仁くん‥‥こんな可愛い子を当たり前に見てる環境にいるんじゃ、

私なんて、女としても認識して貰えないだろうなぁーって思いました(笑)

まぁ、そんなこと分かりきってるんですけどね(^^;)

で、スタッフさんの声がかかり、収録スタート‥と思われたところで、

アッコさんのデビュー30周年ドッキリお祝いがあり、

アッコさん、マジでびっくり‥。

収録が始まると思ったうちらもびっくり(笑)

でも、すっくと立って、いつもの優しい笑顔で、

花束を貰うアッコさんを拍手しながら見てる仁くんの姿が見れて、

(↑仁くんが立ってると見える)

私は大満足でしたよ。

はぁーー‥美しい‥。

で、そのお祝いが終わってから、今度こそ本当に収録スタート。

松潤達の目の前にスタッフさんが二人いて、

スケッチブックで進行を指示しながら収録を見てました。

で、そのスケッチブックに「10位、○○の○○です」とか、

全部言う言葉が書いてあり、

陣内さんが誰にどう話を振るとかも、全部指示が書いてありました。

で、私達番協は、その紙に「(拍手)」って書いてあるところで、

気合い入れて拍手(笑)

そんな感じで収録は進んでいきます。

でも、このスケッチブック見ててムカつくのは、

そのスケッチブックの予定では陣内さんが仁くんに話振ることになってるらしく、

赤西「(答える)」とか書いてあって、

「うひゃーーーーーーー☆仁くんしゃーーべるぅぅぅぅ♪」

ってこっちはワクワクしてるのに、

その前の話が長くなったりすると、

スタッフさんが「もうこれはカット」って感じで、

さっさとページをめくっちゃうことですっ!!!!!!!!!!!!!

もぉ、ホンットにムカつくっ!!!!!!!!!!!

予定通り仁くんにも喋らせてくださいっ!!!!!!!!!

あと、2列目からはホンットに全然下の様子が見れなかったんですが、

(↑雄ちゃんとたっちゃんは上の方にいるので結構見える)

私は、どうしても諦めたくなくて、

体をかがめたりしてました。(←コラ)

そうしたら、ホント時々ですが、

仁くんの横顔が見れるんですよ。

ほんの少しなんですが、

横顔が見えるたび、体中の血が沸騰するような感じがしました。

一人「仁くんのあごのライン、ホンットにキレイだなー。」とか、

「あ、その手の角度素敵っ!!!!!!!」とか、

「うぎゃーーーーー、ほっぺ膨らませてるーーーーーーーー!!!!!」とか、

心の中で絶叫(笑)

横から私が観察する限り、

仁くんの表情が一番良かったのは、

まちゃまちゃが出てきたときです(笑)

その瞬間に表情がすごい柔らかくなって、

今までとは比べられないくらい、興味深々の目(笑)

‥‥可愛い(笑)

まちゃまちゃ、生で見るとメイクが怖いなぁーなんて私は思ってたんですけどね(笑)

あとはですね、赤西くん、

ヒデとさぁやのとき、トイレ行ってたっぽいです(笑)

いきなり立ち上がって、

スタジオから消える仁くん(笑)

モニターにヒデとさぁやの映像が映ってて、

他の出演者さんちゃんと見てるのに‥(笑)

「仁くん‥行っちゃうの??」って思いながら出て行く仁くん見てたら、

スタッフさんに後ろから何か言われて、

「あぁ‥。」って言いながら軽い笑顔で振り返る仁くん‥。

その瞬間、

「仁くんの生声だ‥。今マイク通して聴こえたんじゃない‥。

生声だ‥。生声が聴ける距離にいるんだ‥。」

って、一人で大感激(笑)

あと、昨日言ってたカットされた部分なんですが、

これは本当にたくさんあります。

KAT−TUN関係じゃないのは軽くいきますが、

まず、狩人の片方の人が、歌ってる最中にターンしましたよね??

あれは、その前のトークで中山さん(‥だったかな??)に、

「狩人は調子に乗ると曲中にターンする」って言われてたからなんですよ。

あと、まちゃまちゃのエステVTR後に、

まちゃまちゃが「すっぴんはどうしてもさらせないので、メイクしたままやって貰った。」

みたいなこと言ってたんですよ。

そしたらあややが「私はまだまだすっぴんでもいけますよー☆」って言ったら、

「言ったな??じゃぁお前、今度からすっぴんで出ろよっ!!!!!絶対だぞっ!!!!!!」

って言ったりとかしてたんですよ。

あと、パパイヤ鈴木が、コヤジダンサーズのことを

「ぶっちゃけ俺よりダンスうまい。8歳でダンス歴6年とかなんですよ??」って言ったり、

「なんかどこかで見た振り付けが色々出てきましたが‥(笑)」って誰かに言われて、

「あ、バレました??コレ(UFO)とか分かりやすかったかなー(笑)

パクったんじゃないんです、昭和のニオイを漂わせてみたんです!!!!!」みたいなことを言ってました。

で、ここからKAT−TUNですが、

KAT−TUNLovesのあとの、トークがばっさり‥‥。

これは本当にびっくりしました。

なんか亀ちゃんがかなりしゃべってて(←内容よく覚えてない(笑))、

聖に「頑張ってたねー☆」みたいな話が振られて、

「頑張りました!!頑張ってエスコートしましたよ!!緊張しました。」みたいなことを聖が言ってて、

あと、最後のあのポーズは、

出てくる直前に、KAT−TUNとANRIが相談して決めたってことを話ししてました。

本当は進行表に「松本「やっぱ緊張した??」 赤西「(答える)」って書いてあったのに、

これはスルーされて、赤西くんはしゃべらず‥。

ニコニコしてただけでした。

あと、歌笑バンドが終わったあとに、

松潤がこのバンドに入りたい!!って言ってて、

「キーボードなら‥」みたいな話になったんですよ。

んで、番協から「やってーーーーーーーーー!!!!!」って声がすごい上がったら、

松潤がいきなり「無理無理‥。」って言って、

番協が「えーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!」って言ったら、

「うるさいっ!!!!!!!(笑)」って言ってました(笑)

あと、どこだか忘れたんですが、

亀ちゃんが松潤とKAT−TUNLovesのコーナーでコラボしたいって言ってて、

そしたら松潤が「俺一人じゃなくてさぁー、いつか嵐5人とやろうよ」って言って、

番協が「キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」って盛り上がったりってこともありました。

で、確か本当はここもこのあと仁くんが喋ることになってたのに、

その前の亀ちゃんのこの話で盛り上がりすぎたため、

スルー‥‥。

ホンット見てて悲しくなりました。

今思い出せるのはこのくらいなんですが、

とにかく、あんまり仁くんを長時間連続で生で見れなかったんですよ。

この下にいるのに、姿が見えない‥そんな状態がずっと続いてて、

見えた!!!!!っと思ったらまた見えなくなる‥そんなパターンでした。

「ずきゅんっ!!!!!!‥‥あーぁ」の繰り返しですよ(笑)

なので、KAT−TUNLovesの歌のところで、

出てはいないんだけど、

仁くんが他のメンバーが歌ってるのをニコニコ腕組んで見てるときは、

唯一瞬間的にじゃなく仁くんが見れたので、

本当に嬉しかったです。

「仁くんだ‥‥仁くんだ‥。」って実感する暇が、唯一ありましたよ(苦笑)

しかも「はぁー‥。やっとゆっくり見れた‥。仁くんだ‥。」

って思って仁くんを見つめてるときの音楽が、

あのANRIの「SUMMER CANDLES」なんですよ??(笑)

もう、自分の心境とジャストフィットしすぎてて、

余計切なくなって、泣きたくなりました(笑)

で、そんなときにふと仁くんがこっち番協の方見て、

もぉーーー、心臓バクバク‥(笑)

とっさに目背けちゃったりして、

お前は柱の影から好きな人見つめてる中学生か!!!!!って感じなんですが、

心境的にはそんな感じなんですよ。

それまで思う存分自由に仁くんが見られなかっただけあって、

仁くんを見つめられる幸せに浸ってました(笑)

やー、ホントあの瞬間は幸せでしたよ‥。

それまで切なかっただけ余計に(笑)

で、この回の収録後、

総集編のトーク撮りをしました。

なので近々総集編が放送されると思いますよー。

この総集編撮りがあったことで、

余計9日の少クラ収録にはKAT−TUNが来ると思っちゃったんですよねぇー‥。

はぁー‥。

総集編撮りは、VTRを全然流さず、

スタッフさんから「こういうVTRが流れた後です。」

とかいう説明だけで、あたかも見たように皆さんコメントしてて、

プロだなー‥と思いました。

特にまちゃまちゃ‥あの人はスゴイ(笑)


はい、なんか思いつくことをダラダラ書いたので

まとまりない文章になってしまいましたが、

こんな感じです☆

なんだかんだ言って、楽しかったなーーー♪


|23:18| - | - | - | posted by あきえ - -
スポンサーサイト
|23:18| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.